• 不動産投資デメリット

    不動産投資のメリットや魅力を知り、ぜひ自分もやってみたいと思った方も多いのではないかと思いますが、不動産投資をはじめる前に、そのデメリットやリスクも知っておくべき必要があります。では、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

    不動産といっても、様々なものが存在します。良い物件もあれば、反対に欠陥が見つかるような物件に遭遇する可能性もゼロとは言い切れません。万が一そのような欠陥物件を不動産投資用に購入してしまった場合、物件自体の価値が下がってしまうばかりか、賃貸にする場合は入居者が入らないという事態にもなりかねません。そのため、事前に購入する物件についてはもちろん、その周辺の情報などもよく調べておくことが重要です。

    賃貸として物件を利用する場合、やはり空室期間が長くなる可能性があるということが、不動産投資においてのデメリットであると言えます。それだけでなく、家賃滞納や入居者トラブルなど様々な事件、事故が起こる可能性もあります。こうしたことを回避するためには、しっかりとした賃貸管理会社に依頼をしたり、火災保険や地震保険に加入したりと、事前対策が必要です。もちろんそれなりに費用がかかりますが、こうした対策をすることでリスクをより減らすことができます。安心した不動産投資をしたいのであれば、単純に物件に投資するお金だけでは済まないのだということを覚えておきましょう。

    不動産投資デメリット はコメントを受け付けていません。
  • 不動産投資メリット

    不動産投資はリスクが低いと言われている投資のひとつであり、多くの方が不動産投資をはじめています。そんな不動産投資ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

    今は銀行などにお金を預けていても、ほとんど利息がつきません。そんな中で、銀行に預けっぱなしのお金を使って不動産投資をすることで、安定した収入を得ることができ、上手くいけば銀行の利息よりもずっと高利回りを得ることができる可能性が高いのです。首都圏など人気エリアになると、高利回りも5%を超えることがあります。使う予定の無いお金を不動産投資にあてて、長期的な安定収入を得ているという方はたくさんいらっしゃいます。また、不動産投資初心者の方があまりご存じないことのひとつが、生命保険代わりになるということです。ローンを使ってマイホームを購入したことがある方はご存知かと思いますが、不動産の購入資金を銀行などから融資を受けるという場合、団体信用保険に加入することになります。これにより、ローンの契約者に万が一のことがあった場合に、ローンの返済が不要になるだけでなく、その後も不動産による安定した収入を得続けることができるのです。残された家族は、ローンの返済に悩むことがないどころか、安定した収入を長期的に受けることができるため、非常に大きな財産となるのです。

    このように、不動産投資にはメリットがたくさんあり、こういった点に魅力を感じている方がどんどん不動産投資にチャレンジしているのです。

    不動産投資メリット はコメントを受け付けていません。
  • 不動産投資とは

    最近ではよく耳にすることが増えてきた「不動産投資」という言葉。そんな不動産投資ですが、一体どのようなものなのかを詳しくは説明できないという方も多いのではないでしょうか。まずは不動産投資とはどのようなものなのかということについてご説明します。

    不動産投資というのは、利益を得ることを目的として、不動産を購入したり投資したりすることを指します。最もわかりやすいのは、賃貸用のアパートやマンションを購入し、その家賃を収入として得るというものです。その他にも、一軒家や店舗などの物件を購入し、その物件の価値が上がったタイミングで売却をし、そのときの購入額と売却額の差額を利益として得ることもあります。株式の投資などは、やはりリスクが高くなることも多いのですが、不動産投資の場合はリスクが低く、また長期的に安定した収入を得ることができるという点で人気があります。

    不動産投資というと、アパート一棟まるごと購入しなければいけないなど、大きな金額が必要なのではないかと思われる方もいると思いますが、マンションの一室だけを購入するなど、比較的安価な価格での投資でもはじめることができます。新築のマンションだけでなく、中古マンションへの投資という選択肢もあり、その場合は更に投資予算を抑えることができます。そのため、サラリーマンの方などでも気軽に始めやすくなっているのです。そんな不動産投資ですが、ここでは興味があるという方に知っておいていただきたい、不動産投資のメリットとデメリットをご紹介していきます。

    不動産投資とは はコメントを受け付けていません。