最近ではよく耳にすることが増えてきた「不動産投資」という言葉。そんな不動産投資ですが、一体どのようなものなのかを詳しくは説明できないという方も多いのではないでしょうか。まずは不動産投資とはどのようなものなのかということについてご説明します。

不動産投資というのは、利益を得ることを目的として、不動産を購入したり投資したりすることを指します。最もわかりやすいのは、賃貸用のアパートやマンションを購入し、その家賃を収入として得るというものです。その他にも、一軒家や店舗などの物件を購入し、その物件の価値が上がったタイミングで売却をし、そのときの購入額と売却額の差額を利益として得ることもあります。株式の投資などは、やはりリスクが高くなることも多いのですが、不動産投資の場合はリスクが低く、また長期的に安定した収入を得ることができるという点で人気があります。

不動産投資というと、アパート一棟まるごと購入しなければいけないなど、大きな金額が必要なのではないかと思われる方もいると思いますが、マンションの一室だけを購入するなど、比較的安価な価格での投資でもはじめることができます。新築のマンションだけでなく、中古マンションへの投資という選択肢もあり、その場合は更に投資予算を抑えることができます。そのため、サラリーマンの方などでも気軽に始めやすくなっているのです。そんな不動産投資ですが、ここでは興味があるという方に知っておいていただきたい、不動産投資のメリットとデメリットをご紹介していきます。