不動産投資はリスクが低いと言われている投資のひとつであり、多くの方が不動産投資をはじめています。そんな不動産投資ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

今は銀行などにお金を預けていても、ほとんど利息がつきません。そんな中で、銀行に預けっぱなしのお金を使って不動産投資をすることで、安定した収入を得ることができ、上手くいけば銀行の利息よりもずっと高利回りを得ることができる可能性が高いのです。首都圏など人気エリアになると、高利回りも5%を超えることがあります。使う予定の無いお金を不動産投資にあてて、長期的な安定収入を得ているという方はたくさんいらっしゃいます。また、不動産投資初心者の方があまりご存じないことのひとつが、生命保険代わりになるということです。ローンを使ってマイホームを購入したことがある方はご存知かと思いますが、不動産の購入資金を銀行などから融資を受けるという場合、団体信用保険に加入することになります。これにより、ローンの契約者に万が一のことがあった場合に、ローンの返済が不要になるだけでなく、その後も不動産による安定した収入を得続けることができるのです。残された家族は、ローンの返済に悩むことがないどころか、安定した収入を長期的に受けることができるため、非常に大きな財産となるのです。

このように、不動産投資にはメリットがたくさんあり、こういった点に魅力を感じている方がどんどん不動産投資にチャレンジしているのです。